• 全国通信制高等学校評価機構は、全国の通信制学校の質保証と向上を目指しています。

お礼・アンケート調査の終了について

令和3年度文部科学省委託事業
「高等学校における教育の質確保への対応のための調査研究」
~通信制課程におけるPDCAサイクルの確立~
に係る調査へのご協力ありがとうございました。

 通信制高等学校および通信制高等学校の設置者及び所轄庁の皆様を対象に実施しておりましたアンケート調査は1月31日の回収期限をもって終了させていただきました。お忙しい中にもかかわらずご協力いただいた皆様に心から感謝申し上げます。回答の集計がまとまりましたら、調査研究報告書を本ホームページに公開するとともにご協力いただいた皆様にお届けいたします。
 今後とも全国通信制高等学校評価機構の活動にご支援・ご協力賜りますようお願いいたします。ありがとうございました。

回答期間:2021年12月8日~2022年1月31日
 NPO法人全国通信制高等学校評価機構(機構の詳細についてはhttps://tsushin-hyoka.org/を参照ください)では、これまで通信制高等学校の教育の質の向上に資するために、通信制高等学校に関する調査研究を文部科学省より委託され、研究を行ってまいりました。
 今年度につきましては、文部科学省が平成28年9月に策定した「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン」(令和3年3月一部改訂)を踏まえ、通信制高等学校における管理運営や教育指導に関する指導監督・点検調査・学校評価等の効果的な在り方等を把握して、通信制高等学校のPDCAサイクルの確立に資するために、次の3点について調査研究を行うことと致しました。(調査研究の詳細については文部科学省のホームページ「高等学校における教育の質確保への対応のための調査研究(通信制課程におけるPDCAサイクルの確立)」の公募について:文部科学省 (mext.go.jp)を参照ください。)
  〇 通信制高等学校の教育活動に係る実態把握
  〇 令和4年度に向けた準備状況に係る調査研究
  〇 通信制課程のPDCAサイクル活用状況に係る調査研究
つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮ですが、次のアンケートへのご協力を頂きますようお願いいたします。
(アンケート調査は終了しています。)